2008年09月11日

管理栄養士の試験内容

管理栄養士の国家試験は、年に1度の実施になります。合格率は、20%〜30%、総合得点の60%が合格ラインとなっている、かなり難易度の高い国家試験です。

管理栄養士の試験内容は次のようになります。

「試験科目」
 ●社会環境と健康
 ●人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
 ●食べ物と健康
 ●基礎栄養学
 ●応用栄養学
 ●栄養教育論
 ●臨床栄養学
 ●公衆栄養学
 ●給食経営管理論   計9科目

この中から、200問が出題され、マークシート形式で解答していきます。
特に、臨床栄養学についての出題数が増えてきているようで、病気を抱えている人への栄養指導を重要としているようです。
試験範囲も広く、出題数も多い試験なので、短時間で的確な解答をしていくことが求められます。

試験内容からもわかるように、管理栄養士は、幅広い分野についての高い知識と能力が必要とされているのです。
posted by eiyousisikakusyutoku at 12:55| 管理栄養士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。